養命酒とは

いまでも根強いファンが多い養命酒。

歴史があり、滋養強壮に効き、いまでも根強いファンが多い養命酒。

名前は知っているけどよくわからない方のために

説明

薬用養命酒は生薬の薬効成分によるバランスの良い作用で、体調を整え健康へと滋養強壮です。

効能

胃腸虚弱、食欲不振、血行不良、冷え性、肉体疲労、虚弱体質、病中病後に効き目があります。

効いていく仕組み

  • 血行の改善
    生薬の薬効成分が血流に導かれ、速やかに効率的に全身をめぐります。
  • 内から「からだ」を温める
    体内に吸収された生薬の薬効成分が新陳代謝を活発にし、体を温めます。
  • 体調を正常に整える
    体のバランス(恒常性)を整え、健康の基本となる治癒力を高めます。

成分・分量 一覧

日局 インヨウカク 114mg 日局 トチュウ 18mg
日局 ウコン 36mg 日局 ニクジュヨウ 48mg
日局 ケイヒ 270mg 日局 ニンジン 60mg
日局 コウカ 12mg 日局 ボウフウ 96mg
日局 ジオウ 60mg 日局 ヤクモソウ 48mg
日局 シャクヤク 60mg ウショウ 594mg
日局 チョウジ 24mg ハンピ 12mg

いままで養命酒が飲めない方のために

いままで養命酒が飲めない方の理由を聞くと

  • お酒が飲めなかった。(養命酒はアルコール分が14%)
  • 飲んだあとに、自動車の運転ができなかった。
  • 生薬の苦味や香りが嫌いだった。

そんな貴方の為に養命酒製造が生薬をタブレットにして気軽に飲めるようにしたのが幸健生彩なのです。

こちらの画像をクリックすると、養命酒製造の「幸健生彩(こうけんせいさい)」の公式サイトにいけるので、詳しい情報や通販情報も読むことが出来ます。今なら特別キャンペーン実施中です。