養命酒と幸健生彩で比較されるのが
「アルコールを含んでいるか否か」
なんですね。

幸健生彩はアルコールが含まれていないけど、
養命酒と同等の効果があるの?

いままで、養命酒を飲まれていた方は
疑問を持たれる方も多いと思います。

そこで幸健生彩の効果についてお教えします。

幸健生彩の効果


「幸健生彩」は6種の生薬のエキスを原料に
素早い効き目が期待できる5種類のビタミンを
プラスした錠剤です。

効能は、

  • 胃腸障害
  • 肉体疲労
  • 病中病後
  • 栄養障害
  • 発熱性消耗疾患
  • 妊娠授乳期などの場合の栄養補給
  • 虚弱体質
  • 滋養強壮

などがあげられます。

口コミでも、「食事が美味しい」とか
「目覚めがよくなった」などの報告も
たくさんされています。

「幸健生彩」はカラダの疲労などに悩んで
いらっしゃる方の栄養補給にすぐれた商品
(指定医薬部外品)です。

しかし、指定医薬部外品なので
「自分には大丈夫なの」
とご心配される方もいらっしゃいます。

幸健生彩のよく質問される回答


そこで、幸健生彩でよく質問される回答を
集めてみました。

  • 他の薬を服用されている方は、幸健生彩といっしょに飲むのはお避け下さい。
  • 他の薬とと30分以上時間をおくことで、幸健生彩を飲むことが可能です。
    ただし、ビタミン剤、漢方薬等を服用している場合は、医師などに相談してください。
  • 滋養強壮のドリンク剤と一緒に飲む場合も、ビタミンを含んでいるドリンク剤の場合も、念のため薬剤師や登録販売者に相談してください。
  • 15歳未満のお子様は服用できません。
  • パッケージに「朝夕に服用」とありますが、食前でも、食後でもかまいません。
  • お昼に服用しても問題はありませんが最初と2回目の服用を10時間程度空けていただくことを想定していますので、1日に1回の服用になり、おすすめできません。
  • 一度に幸健生彩をたくさん飲んでも効果はかわりません。1回2錠、1日2回を守ってお飲みください。
  • 「幸健生彩」は作用の穏やかな滋養強壮剤ですから続けて飲んでいただくほうが効果はあります。副作用等の心配はありません。
    特に「幸健生彩」を飲んではいけない人はいませんが(15歳未満を除く)、現在加療中でしたら、主治医に相談してください。
  • 養命酒と異なり、妊娠中・授乳中でも服用しても問題はありません。
  • 現在まで、「幸健生彩」に配合のビタミン剤や生薬の使用量で、妊娠・授乳中での副作用は報告されていません。また、アルコール分は含みません。
  • 使用期限は未開封の場合、5年間です。80錠入りで1回2錠、1日2回の20日分入っています。早めにお飲みください。

安心して服用できる幸健生彩


どうでしたか、

生薬が主体の「幸健生彩」ですから
服用の方法さえしっかり守れば、
安心して飲めることがわかりました。

なんとなく胃腸の調子が悪かったり、
疲れやすくて元気のない方、
からだの機能が低下しているかなと思った時、
「幸健生彩」試してみてはいかがですか。

こちらのバナーリンクをクリックすると、
養命酒製造の 「幸健生彩(こうけんせいさい)」の公式サイトをご覧いただけます。

幸健生彩(こうけんせいさい)の公式サイトはこちらから