体力的にも精神的にも
キツイとおもっていませんか。

がんばる社会人の方は疲れています。

一例をあげると

  • 仕事が重労働で疲れた。
  • 人間関係で疲れた。
  • ストレスで疲れた。
  • 肩コリ、頭痛、胃腸の不調など体の調子が悪く疲れた。
  • スポーツをして疲れた。
  • 異動や転職して環境がかわり疲れた。
  • イジメ、パワハラを受けて疲れた。
  • 満員電車で疲れた。
  • 睡眠不足で疲れた。
  • 子育てで疲れた。
  • シングルマザーでやることが多く疲れた。
  • やる気がなくなり疲れた。
  • 遊び疲れた。
  • 人生に疲れた、死にたい!!
  • 真夏のオフィスで冷房が効きすぎで疲れた。

がんばる方ほど、複数当てはまると思います。

では疲れをもう少し細かく見ていきましょう。

カラダの疲れと心の疲れ

「疲れ」には大きく
4種類に分ける事ができます。

  • カラダの疲れ(運動などカラダを動かす疲れ)
    これは、純粋にカラダを動かした時の疲労ですね。
    「スポーツ(運動)をして疲れた」とか
    「遊び疲れた」など、疲れるのかわかって、疲れるのですね。
  • 心の疲れ(カラダを動かさない疲れ)
    精神的な疲れともいいますが、人間関係やイジメやパワハラなどの
    ストレスが大きな原因です。
    また、肩コリ、頭痛、胃腸の不調などカラダの調子が悪い時も辛いですね。
  • 環境による疲れ(カラダを動かさない疲れ)
    暑さ、寒さ、騒音など外部から受ける疲れで、
    冷房や暖房の効きすぎ、目(ドライアイ)で疲れてしまいます。
  • カラダの疲れと心の疲れの複合
    社会人の方で「辛い疲れ」といえば、ほとんどの方はカラダの疲れと心の疲れが複合的絡み合っています。

いろんな原因で疲れるのですが、
結果として、集中力がなくなったり、やる気や
モチベーションが下がってしまいます。

疲れを一日も早く緩和させるためには

原因を発見して、その問題を適切に解消する
必要があります。

カラダの疲れは、単純ですね。
カラダを休めてあげることです。

ほとんどは「栄養補給」+「睡眠」
疲れが取れます。

数日たっても疲れが取れない場合は、
心の疲れも考えてみましょう。

心の疲れは、「疲れの原因」があるはずです。
「納期が間に合わない」「事故を起こした」
「大事な物を無くした」「家族が病気」
「仕事が辛い」など、ネガティブな状況に
陥ったときに発生します。

環境の疲れは事前に自分で自衛が
できそうてずね。

複合の疲れは心の疲れと同様に
「疲れの原因」を探すことから始まります。

とくに、パワハラやプレッシャーの疲れは
消化器系に影響を及ぼします。

よく言われるのが、
プレッシャーで胃がキリキリ痛む」ような
状態です。

それは、自律神経のバランスが崩れている
可能性があるからです。

疲れを緩和させるために自律神経も整えましょう。

「自律神経」は、私たちの生命維持に必要な
(呼吸や心臓の動き、消化吸収など)機能を
コントロールしている神経のことを言います。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
カラダの中で働いています。

カラダが活動している時または、緊張や
ストレスを感じている時は交感神経が働き、

カラダが休息している時または、
眠っている時やリラックスしている時は
副交感神経が働いています。

簡単に言うと、昼は「交感神経が働き」、
夜は「副交感神経が働く」ことで
バランスがとれているのです。

自律神経を整えるには

  • タップリの睡眠
    タップリの睡眠は摂りましょう。決まった時間に就寝して、きまった時間に起床することが大事です。
    就寝時間もなるべく今日中に寝るようにこころがけましよう。
  • 朝日を浴びる
    朝日を浴びると、夜に睡眠を促すホルモンが分泌されやすくなる為、睡眠に就きやすくなります。
    結果、気持ち良く寝て、気持ち良く起きられ憂鬱な気分も解消されやすくなります。
  • 朝食を食べる
    朝食を食べることで、胃や腸が消化を始めます。
    このとき体内時計がリセットされ、交感神経が優位になるんです。
    カラダが「休息モード」から「活動モード」に変わります。
  • 休日にはウォーキングや散歩を行う
    激しい運動ではなく、無理の無いウォーキングや散歩などの有酸素運動がおすすめです。

もっと早く自律神経も整えるために

「自律神経のバランス」を整えるためには
「漢方を使った胃腸障害時の栄養補給」が
近道です。

この漢方が配合されているのが「幸健生彩」
という養命酒造のサプリメントです。

あなたのからだの「自律神経のバランス」
を整え、カラダの基礎から整えるので、
カラダの疲れから発生する胃腸の不調や疲れ
を治したい方、胃腸障害時の栄養補給は
もちろん、虚弱体質、滋養強壮への効果も
発揮します。

疲れが原因で「胃腸の不調」で辛いと
悩んんでいた方も胃腸を正常な状態に保ち、
カラダの状態もよくなり

仕事が忙しくても、疲れない自分に
変われたことに驚かれると思います。

こちらのバナーリンクをクリックすると、
養命酒製造の 「幸健生彩(こうけんせいさい)」の公式サイトにいけます。

>>幸健生彩の公式ページはこちらから<<

◎今なら、幸件生彩の半額キャンペーンを行っています。