養命酒と同様に幸健生彩も飲み続けることで
虚弱体質などがを改善したという方が多いです。

そこで気になるのは
「副作用」ではないでしょうか。

やっぱり、飲み続ける為には安心なものを
正しく服用することが大切になります。

そこで、幸健生彩が飲み続けても大丈夫なのか
調べてみました。

幸健生彩に含まれている生薬は

幸健生彩には
素晴らしい生薬が含まれています。

  • 桂皮(ケイヒエキスS 12.5mg) ◎
    食欲不振や、胃腸のもたれ、胃の痛み改善、冷えからくる肩こり・関節痛・腹痛・下痢・月経痛などの痛みにも。
  • 芍薬(シャクヤクエキスS 34.3mg) ◎
    筋肉のこり・腹痛・身体疼痛・手足のひきつれ・胃けいれん・下痢などに。また、婦人向けの強壮薬として。
  • 人参(ニンジンエキスS2 170mg) ◎
    胃の衰弱による新陳代謝機能の改善に、また病弱者の胃部停滞感、消化不良、嘔吐、下痢、食欲不振に。
  • 甘草(カンゾウエキスS 25mg) ◎
    健胃作用があり、食欲不振に効果が期待できます。筋肉や腹部の緊張を楽にする働きなどに。
  • 大棗(タイソウエキス 80mg) ◎
    滋養強壮に効力があり、筋肉やからだの緊張を解きほぐします。胃腸の機能を正常化、食用不振になどに。
  • 生姜(ショウキョウエキス 22.2mg) ◎
    発汗を後押しする効き目があるとともに、健胃作用があり、胃腸の機能の改善に。
  • タウリン 300mg ○
    骨格筋肉内にたくさんあり、収縮エネルギーに影響して筋肉のさまざまな代謝作用や疲労回復に。
  • ニコチン酸アミド 20mg ○
    ナイアシンともいわれていて、粘膜などの正常な働きをサポート。
  • 酢酸d-α-トコフェロール(ビタミンE) 10mg ○
    抗酸化作用により身体の中の脂質を酸化から守り、細胞の適正な働きをサポート。
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 10mg ○
    タンパク質からのエネルギー生成と粘膜などの適正な働きをサポート。
  • リボフラビン(ビタミンB2) 3.9mg ○
    粘膜などの正しい働きをサポート。

6種の生薬(◎印)とカラダの整理機能を
維持するとされる5種の有効成分(○印)が
含まれています。

これらを見ると、昔から東洋医学で使われて
いるものばかりなので副作用を起こすような
ものはなさそうです。

よって、幸健生彩は効能・効果が認められた
「指定医薬部外品」になっています。

但し、桂皮や芍薬、人参、甘草、大棗、生姜
などのアレルギーの方がいらっしゃいます。
服用前に主治医にご相談ください。

幸健生彩の服用方法の注意点

副作用を起こすようなものが入っていない
ことはわかりました。

但し、正しく服用するためには以下のことに
気を付けてください。

  • 普段、別のお薬を飲まれている方は、30分以上時間をおいて幸健生彩を飲めば問題ありません。ただし、ビタミン剤、漢方薬等を服用している場合は、医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。
  • 滋養強壮のビタミンが含有されているドリンク剤と併用される際は、念のため薬剤師や登録販売者にご相談ください。
  • 15歳未満の子供の服用はできません。
  • 幸健生彩は1日2回服用が効果があります。だたし、次の服用は10時間程度あけてください。
  • 幸健生彩は一日に沢山飲んでも効果はありません。。服用量は守って正しく服用してください。
  • 幸健生彩は、長く続けても服用しても副作用等の心配はありません。
  • 妊娠中・授乳中でも幸健生彩を服用しても問題はありません。現在まで、「幸健生彩」に配合のビタミン剤や生薬の使用量で、妊娠・授乳中での副作用は報告されていません。
  • 添加物については一般的に医薬品に用いられている添加物ですので、安心して服用できます。
  • 使用期限は未開封の場合、5年間です。開封後はフタをしっかり締め、なるべく早めに服用してください。

幸健生彩は安心して服用いただけます

服用方法をしっかり守っていただければ
安心して服用できます。

なんとなく胃腸の調子が悪く、疲れやすくて
元気がない。

幸健生彩は。カラダの機能が低下している
ときに生薬の力を活かして栄養を補います。

さらに「生薬」だけでなく、養命酒には
入っていない「タウリン」「ビタミン」など
の有効成分を配合しています。

カラダの機能を基礎から整えて、胃腸の不調
や疲れを治したい方におすすめです。

「幸健生彩」の公式サイトはこちら